postheadericon 教材の種類

生徒と教師

中学生・高校生向けの通信教育の教材は、参考集やテキストだけでなく様々なものがあります。
英語など、リスニングが必要になってくる教材だとCDが付いてきます。
CDは通常学習していく問題集に付いてくるだけでなく、期末テストなどの試験問題でも、CDが付いてきます。
テスト出てくる重要な用語集の場合、暗記しないといけない用語が赤色で印字されていて、付属の赤い下敷きで透かすと見えなくなるようになっています。
問題を何度も見直すことができることから、覚えられない用語もしっかり復習することができます。
その他にも、インターネットサイトを利用して学習できる教材もあります。… Read more

postheadericon 上手に学習しよう

2人の少女

自宅で行っていく通信教育には、上手く活用させるコツがあります。
中学生・高校生ともに、期末テストなどの定期的に行われるテスト前に、テスト範囲の教科の問題集を解いておく必要があります。
テスト期間までに、範囲のものを基本の問題集で学習し、テスト一週間前までに期末テスト対策の試験問題を解いていきます。
期末テスト対策の試験問題の解答を終えたあと、テスト前に見返すことで、高得点を取ることができます。
試験問題が悪い点数の場合でも、再度試験問題をやり直し学習することで、理解を深めることができます。… Read more

postheadericon ネットを使っての学習

勉強

自宅で学習を行える勉強方法に通信教育というものがあります。
忙しくなり、自分の時間があまりなくなる、中学生・高校生に向いている勉強方法です。
通信教育といえは、参考書や問題集のイメージが強いものですが、最近ではパソコンや携帯のインターネットのサイトを利用した教材も出てきています。
参考書や問題集などの資料を持ち運ぶ必要がなく、携帯などを利用していつでもどこでも学習することができます。… Read more

カテゴリー
アーカイブ